平成26年2月8日 一般財団法人 山口県ニューメディア推進財団
ニューメディアプラザ山口 多目的シアターの改修について ■

多目的シアターの設備の老朽化に伴い、照明システム及び音響システムの改修を行って
おりましたが、更新作業が完了し、平成26年2月1日(土) から供用を再開致しました。

更新後の照明システムにつきましては、調光器の数が 1/3 に削減 されたため、
今後は、照明機器を多用したコンサート・演劇等のイベントの開催は困難
なることが予想されます。
つきましては、多目的シアターのご予約の際には、十分な検討をお願い致します。
尚、音響システムにつきましては、従来とほぼ同様の機能を提供可能です。


照明システムの主な変更点は、次の通りです。

(1).調光器の数: 従来 3kW×96ch → 更新後は 3kW×33ch に削減 されています。

(2).Lowerホリゾントライト、ピンスポットライト(リモート)は利用不可 になりました。
   尚、Upperホリゾントライトは引き続き利用可能です。

(3).スポットライトの配置数、および吊り下げ位置の制約が強くなりました。
   →吊り下げ可能位置の詳細は、下記の「調光器配置図(改修後)」を参照して下さい。

(4).舞台全体の照明(地明り、前明り)、移動席の照明(移動席明り)、及び客席照明に
   変更はありません。
  


●機材リスト: 従来(H25年12月31日以前)改修後(H26年2月1日以降)

●調光器配置図: 従来(H25年12月31日以前)改修後(H26年2月1日以降)